自立支援給付費債権のファクタリング

  • ファクタリングは大きなメリットがある

    • ファクタリングとは、売掛債権のことです。

      ファクタリング会社の比較

      ファクトは「要因・原因・要素」という意味合いを持ち、カタカナ英語として使われることがあります。


      しかし、仲介者や問屋という意味でも用いられることもあり、このファクタリングとは仲介者という意味の言葉で使われています。

      この言葉は資金調達の場面で用いられるため、資金調達の仲介者という意味になるのです。

      ファクタリングとは、売掛債権を入金する前に譲渡し、資金化してしまうという「資金調達方法」です。



      売掛債権は、商品やサービスなどを提供した場合、その売却代金つまり利用料金を請求出来るという権利のことをいいます。日本のビジネスは信用がなければ成り立ちません。



      契約して納品を収めたら、請求書を発行して請求金額を入金してもらいます。
      この請求書を発行して入金されるまでのタイムラグを「売掛債権」というのです。簡単に説明すると、納入企業がクライアントへ商品の納品やサービスの提供を行うと、クライアントには納入企業に対する売掛債権が発生します。
      そして納入企業が売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、そこから納入企業へ手数料を除く売掛債権の金額が入金されます。その後、ファクタリング会社へクライアントが入金するという流れです。

      納入企業にとっては、これを利用することで本来は1ヶ月から2ヶ月は先にならないと入金されない売掛金が早ければ当日には資金化することが可能になるため、資金繰りを楽にすることが出来るいうメリットがあります。
      これならば、手数料の金額が減ってしまうというデメリットがあっても、大きな損をすることはないといえます。